カランドリエ ド ラヴァン ショコラ

メーカー
イセタン (日本)
カカオ産地
カカオ含有量
タイプ
ボンボンショコラ
フレーバー
レモン マンダリン 赤スグリ クレモンティーヌ マンディアン プラリネ ブロンド レモン ライム ゆず フランボワーズ ローズマリー サブレ クレープダンテル マジパン ベルガモット ローズマリー アプリコット パッションフルーツ カラマンシー

12月1日から始まるアドベントカレンダー

1 クリスチャンカンプリニ/マンダリン エ シトロン
パリッとした薄いダークチョコの中はレモンのガナッシュととろっとしたマンダリンのコンフィ。
弾ける酸味としっかりした苦味。目が覚める。砕かれたピールも入っていて時々楽しい。余韻はカカオの香り。

2 フランクケストナー/デリカテス
赤スグリのジュレをダークガナッシュでサンド。ミルクチョコでコーティング。
3層は食感が楽しくて好き。ベリーの甘酸っぱさが美味しい。意外にもミルクの香りが長い余韻。

3 ヤンブリス/クレモンティーヌ
ミルクシェルの中にはクレモンティーヌのマーマーレードとマンダリンの2層。
とはいえ一体化するほどとろりとしている。
濃くて甘い柑橘の良い香りが広がる。余韻はミルク。かじるとあふれるのでひと口で食べよう。

4 カンタンバイィ/ル クリスピー
クレープダンテル、ライフパフが入ったアーモンドとヘーゼルナッツのプラリネ。
プラリネはほろっとした食感で、ナッツの香ばしさがすばらしく豊か。
その中に硬めのジャリジャリやぽふぽふした食感があって楽しい。

5 ポールオキパンティ/マンディアン グルマン
ベトナム産カカオがベースのダークチョコにフルーツとナッツをトッピング。
チョコはなめらかで柑橘の香りとナッツの焙煎香が豊か。
と、味見はしたがマンディアンは気軽に食べたい。
ひとくちで全部食べる。全部の味が一緒になっておいしい。

6 ヴァンサンデュラン/プラリネ ドゥルセ
平たくまるいカエルの半立体モチーフのチョコの中には、ひまわりの種のプラリネ。ブロンドとダークの2種類。
サクサクした食感、芳ばしい香り。
ブロンドのほうはミルクの優しい甘さ。なんとも食べやすい。
ダークはちょこが滑らかだな、という印象。そしてすこし酸味を感じる明るい味。

7 ジャンピエールロドリゲス/トロワ アグリュム
立方体のダークチョコの中には、レモン・ライム・ゆず風味のキャラメル。ゆるっとした口当たり。
爽やかな柑橘の果実の味、ほんのり苦い皮の香り、酸味はあるが意外とまろやか。
ナッティで焙煎の香りがあるダークチョコがよく合う。

8 フィリップベル/フランボワーズ ロマラン
フランボワーズのパートドフリュイとローズマリー風味のガナッシュ。
馴染み深いフランボワーズのボンボンを、一風変わったハーブチョコに変化させるローズマリーのクセの強さ。
パートドフリュイのほうが早く香りが伝わりやすいから、どんどん「なんか…いつもと違う!」の感情が大きくなるのが面白い。

9 アレクシアサンティニ/プラリネ カニステリ
ヘーゼルナッツとコルシカ島のカニストレリというサブレのプラリネ。
とってもエアリー。ほろほろしている。
ナッツの香りが豊かで、薄皮の苦味のようなフレーバーも感じる。
サブレにはほんのり塩。すっとなくなる儚いひと粒。

10 オリヴィエヴィダル/プラリネ フイヤンティーヌ
クレープダンテルの入ったヘーゼルナッツのプラリネをミルクチョコでコーティング。
シャクシャクで塩味あるプラリネ。そしてとってもミルクの香りがある。
優しくて軽い食べ心地のボンボン。

11 ジョアンジャケティ/タルト シトロン
アーモンドとヘーゼルナッツのプラリネ、レモンとライムのホワイトガナッシュ。
メレンゲを乗せてダークチョコでコーティング。
とても酸っぱい。そしてメレンゲのサクッとした食感が楽しくて良い。
プラリネはタルトみたいで、小さなケーキを食べているみたい。

12 フィリップベルナシオン/メティス ノワール
ジャンドゥーヤとグランマルニエ風味のマジパンを、アーモンドチップ入りのダークチョコでコーティング。
かじるとオレンジの香りがいっぱいに広がる。
マジパンのみっちりした食感と、キャラメリゼしてるのかアーモンドのチャリっとした食感の組み合わせがおいしい。

13 クリスチャンカンプリニ/マンディアン ノワール
アーモンド、ヘーゼルナッツ、オレンジコンフィ、レーズンが乗った定番のマンディアン。
ベースはダークチョコでとてもナッティ。レーズンは瑞々しく、オレンジがさくさく食感なのは意外だった。

14 フランクケストナー/スタニスラス
ベルガモット風味のガナッシュで同じくベルガモット風味のパートドフリュイをサンド。コーティングはダーク。
ダイレクトに香るパート、ほろ苦さを感じるガナッシュ。ピールも入っていて、ベルガモットの余韻が長い。

15 ヤンブリス/プラリネロマラン エ アブリコ
ローズマリー風味のアーモンドプラリネの下に薄くアプリコットのパートドフリュイが敷いてある二層。
むちむちでジャクっとした食感。とてもローズマリーの香りが効いていて、一瞬プラリネである意識がなくなる。
のちに甘い味と甘い香りのアプリコット。余韻は胸がすっとする清涼感。

16 カンタンバイィ/パッション
キャラメルパッションとガナッシュパッションの二層。コーティングはホワイト。
分かれていた甘い層とすっぱい層が口の中で混ざり合って、統一感の中にたくさんの変化がある。

17 ポールオキパンティ/プラリネ ノワゼット フランセ
ミルクチョコのタブレットの中にはヘーゼルナッツのプラリネが。
塩味が効いた、ぽくぽくしたナッツの食感のなめらかなプラリネ。刺激的。

18 ヴァンサンデュラン/エモー ブレッサンス
AOPブレスバターを使用したキャラメルを、パナマ産70%ダークとサンドマング産46%ミルクで
それぞれ包み込んだパレ型チョコレート2枚。
ナッティでキリッとした酸味もあるダークチョコ。フルーティでミルクの甘みを感じるミルクチョコ。
キャラメルはゆるっとしたテクスチャ。チョコとの調和がとてもあるので控えめに思うが実際は旨く濃い。

19 ジャンピエールロドリゲス/ミュルティセレアル
かぼちゃの種、ひまわりの種、白胡麻のプラリネ。
断面が緑色の驚き。
香ばしさと塩味を感じるじゃりじゃりしたプラリネ。
かぼちゃとひまわりのおっとりした旨味の後に白胡麻の香りが広がる。心地よいグラデーション。

20 フィリップベル/ブールキャラメル カラマンシー
ダークチョコのボールの中にカラマンシー風味のキャラメル。
柔らかくてざらっとした食感。柑橘の苦い酸味。
バニラとナッティな香りのダークチョコ。

21 アレクシアサンティニ/クレモンティーヌ
クレモンティーヌのクリーム風味のプラリネとクレモンティーヌのパートドフリュイの二層。
パートドフリュイは甘酸っぱく、お砂糖でサクサクとしていて美味しい。
プラリネはわりとなめらかな食感。ナッツの香りはあまり感じずプラリネっぽくないかも。
全体的にクレモンティーヌの香りがながく続いて爽やかな心地。

22 オリヴィエヴィダル/クール プラリネ
アーモンドとヘーゼルナッツのハート型プラリネ。かじる前からプラリネの香りがして期待が高まる。
しゃくしゃくした食感。ヘーゼルナッツの香りが特に深く感じる。
シェルのダークチョコはロースト感あるダークチョコ。尖った味がなく、しみじみ美味しいチョコ。

23 ジョアンジャケティ/ミルフイユ
ヘーゼルナッツのプラリネの上にホワイトチョコのガナッシュ。
ヘーゼルナッツの優しい芳ばしさもさることながら、
ホワイトガナッシュの香りが華やかで美味しい。
余韻までミルク感がない軽い味わいのチョコ。

24 フィリップベルナシオン/アヴリンヌ
ヘーゼルナッツと砂糖がけアーモンド入りのジャンドゥーヤ。
大きいボンボン。ぽっくりした食感。口どけの良いジャンドゥーヤにときどき飴がけのじゃりじゃりが楽しい。
味はあっさりしていて食べやすい。

お気に入り
食べた年
2022年
   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA